ベンダー

ベンダー · 2021/08/04
FBD3-LD機を整備の際、受入動作確認時にメインシリンダーより 油のにじみを確認。 RGやFBD2型までとは構造が違い、ピストンの状況確認がしやすい ため容易にピストンの縦傷を確認することが出来ました。 構造だけでなくストロークも長いのでカバーなどを外せば、容易に 状況確認が行えます。

ベンダー · 2021/03/17
アマダOBの方からRG-100S(Z1タイプ)の整備依頼を頂戴し 各部の受入検査を実施。 各部稼働状況も100Ton全圧確認も良好で、整備を開始。

ベンダー · 2021/02/07
以前、ブログでRG-35SとRG-50Sの違いについて触れました。 今回、完成したRG-80とRG-100Sが出荷待ちで並ぶことがあったので 撮影しました。 RG-80もRG-100Sも2400mmのベンダーですが、フレームの厚みも 全高もかなり違います。  左がRG-80、右がRG-100Sです。

ベンダー · 2020/08/17
ついに弊社搬入機でもHDSシリーズのシリンダー交換を 開始する時が来ました。 アマダ富士宮事業所や各営業所では実施されていましたが、 弊社に戻ってくる機体でもシリンダーに傷があるものが増加。 今回、初めてシリンダーASSYを交換することになりました。 まずはHDS1703NTです。

ベンダー · 2020/05/22
FMB-184NTの整備依頼をいただきました。 受入検査で、立ち上げ不良、ディスプレーの輝度不足と音声不良、フットSW破損などの不具合が判明。

ベンダー · 2019/04/11
SPHを整備中に、ラムの潤滑給油を実施しようとしたところ ラム摺動面にむしれたような傷があることが判明

ベンダー · 2019/01/31
弊社では35年以上の間、RGタイプのオーバーホールを 手掛けてきています。 以前は、精度不良が原因でオーバーホールされるユーザー様が 多かったのですが、最近は急に機械が破損して動かなくなり オーバーホールを選択されるケースが増えてきました。 画像はメインシリンダーの破損です。

ベンダー · 2017/09/04
RG35S と RG50S について 左がRG35S  右がRG50S です。 正面から見ると違いが判りにくい RG35S と RG50S ですが、 能力Ton数の違いは各部にも現れます。 通常は見ることが出来ない個所も ご覧ください。

ベンダー · 2017/02/27
よくベンディングのテーブルについて、なぜ、 機械修正加工をするの?と言う、ご質問を いただきます。 今回はテーブルの機械加工についてのお話です。 永い間ご使用になられたベンディングマシンの上下 テーブルには加圧により ①中間板やダイホルダー取付部の摩耗や段差痕 ②テーブル前面の座屈や歪み ③テーブル上下面の座屈や歪み が発生します。