· 

シャーリング:ドライブ部修理

 

 

 

機械商社様より、購入してきた機械のドライブ(駆動部)に

ガタがあるため修理対応をご要望いただきました。

 

まずは軸受ブッシュ、ヘンシンバンブッシュ、リストピンブッシュを

荒加工で準備。

 

費用を抑えず全部品交換であればアマダより正規部品を購入して

交換しますが、今回は費用を抑えて不具合個所だけを修正との

ご依頼のため個別対応するため特ブッシュを作成します。

 

 

 


 

 

 

清掃後にガタが大きい個所の測定から作業開始。

実は経年劣化でコンロッドも伸びたりして変形しています。

 

ブッシュを取り外してコンロッドの変形測定から。

ヘンシンバンは外周をならして再利用のため整えてから測定。

 

各部の変形度合いを測定したら特ブッシュの寸法を確定し

特ブッシュの作成開始。

 

 

 


 

 

 

 

特ブッシュが完成したら専用機材で整えたコンロッドに

ブッシュを装着します。

 

油溝や給油口を間違い組み込まないと稼働時に油切れで

焼き付いてしまうので丁寧に確認しながら作業します。

 

 


 

 

 

 

ヘンシンバンもコンロッドも整ったら、熟練の技で擦り合わせ。

全品部品交換の場合はほとんど不要な作業ですが、今回のように

部分部分で対応の場合は少々手間暇が掛かります。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

今回はコンロッドの変形が少し大きく擦り合わせにも時間が

掛かりましたが無事に完了。

 

機械内部ではなく、剥き身で擦り合わせを実施するので

固定具やクレーンの使用に注意して実施します。

 

 


 

 

 

 

 

再度スロッター加工するほどは有りませんでしたが、大歯車の

キーもキー溝も若干摩耗していました。


 

 

 

 

 

 

 

キー溝を整えて、特キーを作成して修正完了。


 

 

 

 

すべての修正を終えてお客様の元へ。

 

 

 

 

おかしいなと思ったら早めの修理を。