· 

シャーリング:IPポンプ

 

 

 

弊社でアマダ製油圧シャーリングをご購入いただいたユーザー様で

経年劣化による油圧系統不具合が発生し修理のご要望を頂戴しました。

 

まずはIPポンプの異常音と若干の油漏れを修理。

 

中は少々複雑な構造です。

 

ポンプメーカーで消耗品の交換キットを販売されている場合も

有りますので解体して消耗品交換が可能です。

 

 


 

 

 

内部の消耗品類はシールやOリングが多く、

経年使用による熱の影響で変形しています。

 


 

 

 

 

 

すべての消耗品を交換して復帰。

 

消耗品を交換しても能力通り復帰できない場合もあります。

 


 

 

 

 

IPポンプだけでなく、モーターなどもベアリング交換や巻き直しで

復帰できることもあります。

 

おかしいな、不調だなと思ったら、早めの修理を。