· 

PEGA キャレッジサポートブラケット

 

 

今夏、アマダ様より整備依頼いただいたPEGA-367で

R側キャレッジベースのボルト穴(メネジ)が

摩滅している機体が搬入されました。

 

移設時などにボルト穴に異物が混入し、ユーザー様工場から

引き上げ解体時にメネジがつぶれてしまったものと思われます。

 


 

 

 

 

 

 

ボルトは異物ごと抜き取るしかなかった様子でボロボロです。

 

 


 

 

キャレッジをしっかりと固定するボルトが挿入される個所だけに

リコイルしてもテンションが掛からずこのままでは使用不可です。

 

現行生産機ではないので、すでにキャレッジベースの在庫も

無く修理方法を検討。

 

苦肉の策としてキャレッジ側のボルトホールはM18が通ることが

判明したので、R側のみM18仕様に改造も検討策に。

 

色々な修理方法を検討しましたが。。。

 

 


 

 

 

最終的には、アマダリバース様より『アマダ再生中古機として

整備するので新造』しましょうと指示をいただきました。

 

急ぎサポートブラケット(R)を新造して整備を完了いたしました。

 

このように不具合個所が多い機体も増えてきています。

出来る限り不具合を見逃さないよう丁寧に修理していきたいと

考えて日々整備に取り組んでおります。

 


 

 

 

この機体も無事完成し、新たな

ユーザー様のもとへ。

 

再生機のご用命がありましたら、

ぜひご相談ください。