· 

他社機 : ドローイングプレス

 

 

 

 

最近、機械の修理会社が減少しているせいか、廃業メーカー、

既存メーカーにかかわらず、メーカー対応が受けられず、

機械の整備に困られ、ご相談をいただくケースが増えています。

 

弊社はアマダ板金機械のオーバーホール専門工場で、アマダとの

関係上、基本は、他社機の整備依頼をお断りしています。

 

しかし、今回は懇意にしていただいているお客様から

ドローイングプレスのシャフトが噛み込み困っているので

シリンダーの取外しを手伝って欲しいとの要請をいただき、

シリンダー取外しのお手伝いを実施させていただきました。

 

 

 

 


 

 

シリンダーを取り外してみても、思いのほか

シャフトが抜けない事が判り、シリンダーの

修理を依頼され工場へ引き上げました。

 

ボーリングするには適さない構造だったため

2日以降にわたる手作業で、シャフトは何とか抜く事が出来ました。


 

 

次に、ネジ部の噛み込みを解消するため

炙ってみましたが、ビクともしないので

機械加工場で溶断したシャフトを再利用し

治具を作成して再度トライ。

 

なんとかネジを復帰できました。

 

 


 

 

 

シリンダー内部もシャフトが暴れた影響で

ピンが突き破って出ています。

 

これらの不具合個所も整備して組立準備。


 

 

 

 

 

 

単体部品ごとの清掃と組立準備を完了したら、仮組による

テスト動作確認を実施。

 

各部ともに良好に稼働を確認。


 

 

 

マンセル記号が近い塗料が有ったので、塗装をして

修理完了です。

 

後日、取付もお手伝いして作業完了しました。

 

 

慣れない仕事は何をするにも時間が掛かりますが、

あれこれ考えながら作業が出来て楽しみもあります。

 

修理はお早めに。