· 

シャーリング : ピニオン軸ギア磨滅

 

 

 

 

アマダOBの方から、『M2060を修理して欲しい』とのご依頼を受け

神奈川県へ現地修理に伺いました。

 

切断しようとしても異常な音がして切断不能との事で、作業前に

実機を動作確認すると、モーターとフライホイールの力を受けて、

動こうとはするものの何かが滑っているかのように、全くドライブ(駆動軸)が動かない状態でした。

 

外観では原因が掴めないので解体する事に。

 


 

 

 

 

 

解体していきピニオン軸が見えてくると今回の不具合の原因が。

 

ピニオン軸のギヤ刃が磨滅しているのが確認できました。

 

相手側のダイハグルマのギヤ刃もかなり摩耗している模様。


 

 

 

 

 

 

解体を終えて判りましたが、ダイハグルマもあちこちで

 

ギヤ刃が偏摩耗していました。

 


 

 

 

 

 

ピニオン軸の半面分のギヤ刃が磨滅していました。

 

この状態だと、かなり前から異常音がしていたと思われますが、

 

稼働限界まで、切断していた事が判ります。

 


 

 

 

 

クドウジク(ドライブシャフト)自体は、損傷を受けていない様子で

 

ホッとしました。

 

ここが摩耗していると、弊社工場まで機械を持ち帰らないと修理が

 

出来ないので、一安心です。


 

 

 

 

 

 

クラッチやブレーキなどもそれなりに経年劣化しており

 

摩耗個所が見られましたが、未だご使用いただける範囲です。


 

Mタイプのシャーリングは、年30台ほど整備させていただきますが、ここまで使い切ったピニオン軸の工事例はわずかしか有りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ピニオン軸、ベアリング、オイルシールなど消耗品、

 

ダイハグルマ、Vベルトなどを交換して修理させていただきました。

 


 

 

 

1970年以降に製造されてきた各種板金機械も30年、40年と

 

経過した機体が増え、摩耗度合いが激しい機体に出会う事が

 

多くなりました。

 

母材(機械フレーム)などが痛むと修理不能になりますので、

 

早めの修理をお勧めします。