· 

シャーリング : ATF

 

2017年の6月に第一報が届いたATFのオーバーホール作業が無事に完了しました。

実質2017年10月にドライブ部品作成着手、約半年がかりの作業となりました。

 

製造台数計6台(現存4台)という特殊機のオーバーホールで、慣れない作業の連続でしたが

非常に勉強になりスキルアップに繋がりました。

 

 

 

事前にドライブシャフト、コンロッド、ブレーキバン

ボス、偏芯板、ブッシュなどなど、オーバーホールで

交換する部品を作製。

 

 

生産終了機で特殊機ですので、供給部品・調達部品が

無いとの事で、新規作成しました。



 

 

 

 

 

作製した部品を各部位ごとに、冷やし嵌め、焼嵌めなどで

組み上げていきます。



各部位の交換部品が準備出来、オーバーホールの開始準備が整いました。

 

受入動作確認を実施して追加不具合個所を判定。その後、解体を開始。

 

 

 

 

 

ほぼほぼフレームのみになるまで解体。

 

解体した部品は、1点1点洗浄して不具合や摩耗を確認。

 

不良部品を見つけたら追加手配して交換します。




部位ごとに部品を分けて保管します。

コンベアや集積装置も修理。


部品交換や組立を開始。

 

 

 

コンベアもベルトやシリンダー、ローラーなど順次交換して

行きます。

 

フロント電磁ローラーや板押さえも交換。

 

リフターも整備。

 

通常オーバーホールするシャーリングとは部品や構造が違うので

専用ジグも無く、戸惑いと試行錯誤の連続です。

 

 




本体もどんどん整備を進めていきます。

 

 

 

 

 

部品交換が進むと配線・配管交換も並行して開始。


動作確認、精度調整を経て、テスト加工を実施。

連続運転テストなどの検査を経て、完成です。

 

 

 

 

 

ユーザー様のもとへ帰って、バリバリ活躍してください。