· 

部品交換や定期整備

アマダ製板金機械のオーバーホールを行ってるので

整備する機械はほとんどが、生産終了機です。

 

中には部品の生産が終了していて、代替部品を

使用する機体も有ります。

 

代替部品には、スムーズにそのまま交換できる物、

交換するための改造が必要な物など様々です。

 

交換や調整は手間暇が掛かりますが、これらの整備により

20年、30年前の機械が十二分に稼働してくれます。

 

アマダ製品の基本構造の良さとアフターケアの良い点だと

思います。

 

無理に稼働して本体を壊さないように、『あれ?おかしいな』と思ったら、修理や整備はお早めに。

 

不調を無視して使用を続けると消耗部品でなく、フレームなど

主要部品が摩耗する場合も。。。

定期的な整備をお勧めします。

 


【 主要部品の損耗例 】

 

ベンダーRGタイプ : 下部テーブル

 

ガイドローラー軸部に負荷が掛かり、

下部テーブルの軸挿入穴が摩耗。

 

テーブル平行度が調整できなくなったり

ローラーの噛み込みが起こります。


シャーリングMタイプ : 駆動部

 

給油配管が破損したまま長期間稼動。

シャフトが軸受けのブッシュを超えて

摩耗。

 

軸受け(ボス+ブッシュ)を作成し、

シャフトは溶射修正。