· 

シャーリング : M632

機械納入時にユーザー様から

 

アマダ製シャーリング M632を

 

下取りさせていただきました。

 

シャーリングの基本構造を学ぶには最適です。

 

新人研修整備を開始。


 

 

まずは全解体。


 

 

フレームのみの丸裸に。


 

 

B/G(バックゲージ)は手動。


F/W(フライホイール)の構造が通常の

メカニカルシャーと違います。

 

太陽ギヤと遊星ギヤが摩耗。

ドライブシャフトにも摩耗有り。

コンロッドのブッシュや軸受けの

ブッシュにも摩耗が見られます。



 

 

ドライブシャフト

太陽ギヤ

遊星ギヤ

偏芯板

 

部品が完成し届きました。

 


 

テーブルの準備が完了し取付

 

  

 

  ブレード(上刃・下刃)も研磨完了。

 

 

少しずつ整備をしていきます。


 

 

 

 

 

F/W(フライホイール)ベアリングを交換。

赤プライマーに塗るために養生中。


 

 

 

 

 

太陽ギヤ、遊星ギヤのガワを取り付け。

 

駆動軸にも偏心板を焼嵌めし、

組み込み準備を整えます。


 

 

 

 

 

軸受けやコンロッドのブッシュやキーを作成。

 

摩耗しやすい個所は出来るだけ交換します。


 

 

ドライブ(駆動系)の修理を終えて

電気配線などを普及。

 

ここまで来れば稼動準備にかかれます。

 

 

 

 


 

 

 

テーブルやB/G(バックゲージ)を

取付て、稼働確認や精度調整を実施。

 


 

 

 

 

アマダ本社より依頼のオーバーホールや再生整備の

合間を縫ってすべての整備を完了。

 

ユーザー様で特殊な湾曲部材の切断に使用されるため

最終的には板押さえパッドを改造して特殊部材切断可能に

使用変更しました。