· 

ベンダー : RG 35Sと50S

RG35S と RG50S について

 

左がRG35S  右がRG50S です。

 

正面から見ると違いが判りにくい

RG35S と RG50S ですが、

能力Ton数の違いは各部にも現れます。

 

通常は見ることが出来ない個所も

ご覧ください。

 

 

下部テーブルです。

これも一見同じように。。。

 

 

底から見るとテーブル本体の板厚が

違います。

 

 

メインシリンダーの球面座金が当たる

部位の厚みも違います。

 

薄っすらと球面座金の痕が付いています。

油圧シリンダーからの圧力をしっかり

受け止めています。

 

 

支え板の板厚も違います。

 

やはり能力Ton数分頑丈に作られています。

 

 

B/Gの種類が違うので判りにくいかも

知れませんが、側板の板厚も違います。

 

 

側板の大きさも違います。

 

SUSを加工されるユーザー様が増えて

50Sは非常に人気があります。