· 

Vカット : テーブル

 

 

 

 

Vカットマシンのテーブル交換に伺うと取り外すテーブルには

ハイト(高さ)ミスにより、バイトにより削られた痕跡が、

よく見られます。

 

 


 

 

 

 

 

固定クランプによる傷や

 

 

移動クランプ動作による材料の引き傷なども見かけます。


 

 

 

 

このような場合は、機械加工によりテーブル修正が可能です。

 

※切削液の逃がし溝や移動クランプの溝があるので、

 何回も修正できるというわけでは有りませんが。

 


 

 

 

テーブルの平行調整をするためのスライドブロック設置面の

劣化状況にもよりますが、4M・6Mともに全長で0.02mm以内の

調整が可能になります。

 

※スライドブロック設置面が切削液による錆の浸食で劣化して

 いる場合などは、範囲内の調整が難しい可能性もあります。

 


【テーブルの修正】

1. テーブルの機械加工修正

2. 特製:高さ調整用ステンレスシム

3. 調整ボルト、ナット類の交換もお勧めします。

 

精度不良や不具合が発生したら、早めの整備を。