· 

シャーリング : 駆動部メタル交換

 

 

シャーリングの『駆動部メタル交換』について

 

弊社では機械搬入時に、軸受け、コンロッド、ラムピンなど

駆動部でメタル(砲金ブッシュ)を使用している個所の摩耗を

確認します。

 

検査結果をもとに、劣化が酷い場合は交換を実施しています。

 

 

※画像はコンロッド(左)の偏芯板ブッシュ部分です。

 


 

 

 

偏芯板と偏芯板ブッシュの隙間をシクネスゲージで測定。

 

0.30を超えて異常音も発生していれば、交換をお勧めまします。

 

確認作業は機械停止状態で安全に実施しています。

 


フライホイール、ピニオン軸、コンロッド、

ドライブシャフトなどを解体して、

駆動部メタル(砲金ブッシュや偏芯板)を

交換します。

 

 

 

 

     もちろんラムも解体しています。


フライホイール側の軸受けは、摩耗の

測定が難しいため、目視以外にも

シャフトの振れや異常音などを頼りに

交換判定しています。

 

 

    板押さえピストン側の軸受けは

    カバーを外せば、摩耗の測定が

    行えます。


【修理個所】

軸受けブッシュ

コンロッドブッシュ

ラムピンブッシュ

偏芯板

ラムピンなど

 

解体にはクレーンや専用工具、作業スペースが必要となるため、社内で整備し販売しております。

  

機械精度不良などで使用されない遊休機や、故障機が有りましたら、

買い取らせていただきますので、ご連絡ください。