· 

ベンダー : テーブルの機械加工

 

 

よくベンディングのテーブルについて、なぜ、

機械修正加工をするの?と言う、ご質問を

いただきます。

今回はテーブルの機械加工についてのお話です。

 

永い間ご使用になられたベンディングマシンの上下

テーブルには加圧により

①中間板やダイホルダー取付部の摩耗や段差痕

②テーブル前面の座屈や歪み

③テーブル上下面の座屈や歪み が発生します。

 

 

 

 

これらを修正するために、上下の

テーブルを解体して機械加工を

実施します。


 

 

 

 

 

 

 

機械加工を実施する事でテーブル本来の真直度を

新品機に近い状態に復帰させることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

画像の機種RGタイプでは、 

上部テーブルは前面と下面を

下部テーブルは前面と上面と背面、さらに

ガイドローラーの接触面を機械加工します。

 

これにより曲げ精度が復帰します。

 

 

 

 

 

 

 

 

電動B/GやAUTO-B/Gなどは、ストレッチ(定規)も機械加工を実施しています。

 

 

 

 

 

 

 

【修理個所】

上部テーブル機械修正加工

下部テーブル機械修正加工

B/Gストレッチ機械修正加工

 

解体にはクレーンや作業スペースが必要となるため、社内で整備し販売しております。

 

 

機械精度不良などで使用されない遊休機や、故障機が有りましたら、

買い取らせていただきますので、ご連絡ください。