下部テーブルの機械加工

 

弊社中古機では下部テーブルも機械加工を実施した機体を

ご用意できます。

 

また座屈した下部テーブルだけ搬入いただき修正対応も可能です。

 

画像は現地サービスの方が取り外されて座屈した下部テーブルだけが

搬入され弊社で修正を実施させていただいた例です。

 

座屈個所、摩耗個所を確認しながら解体していきます。

 

 


 

 

摩耗個所を肉盛り溶接や矯正したのち下部テーブルの前面、背面、

上面(ダイホルダーをスライドさせて摩耗が酷い面)及び、前後の

ガイドローラー摺動面を機械加工修正して真直精度を復帰します。

 

左右ガイドローラー軸芯挿入部のボア径に変形摩耗がある場合は

ボア径も修正し正しく左右平行度調整が実施できるように復帰させて

行きます。

 

下部テーブルに取り付けられる下限装置などに劣化がある場合は

同時に部品交換が可能です。

 

 


 

 

 

 

 

左右ガイドローラーや前後ガイドローラーも一度解体し部品摩耗を

確認の上、部品交換もしくは再度グリスアップを実施。

 

最近では偏心軸が破損している機体も増加しています。

 


 

 

 

片荷重リミットスイッチなども交換して組付けていきます。

 

 


 

 

この案件では、現地サービスの方が再組付け調整を実施されましたが、

 

弊社でも取り外しから修正、取付再調整まで実施対応可能です。

 

ご相談ください。

 

 

 

 

 


 

㈱大阪プレスサービスでは、アマダ製板金機械の中古機械 買取、販売、修理、整備、仕様変更、オプション取付など様々な作業を行っています。

まずはご相談ください。