· 

ベンダー:FBD-LD機のシリンダーピストン

 

 

FBD3-LD機を整備の際、受入動作確認時にメインシリンダーより

 

油のにじみを確認。

 

RGやFBD2型までとは構造が違い、ピストンの状況確認がしやすい

 

ため容易にピストンの縦傷を確認することが出来ました。

 

構造だけでなくストロークも長いのでカバーなどを外せば、容易に

 

状況確認が行えます。


 

 

ただしFBD3型機では初のピストンの

 

要修正機になり、ついにLD機までも

 

修正対象時期かといった感です。

 

FSやNT機もしっかり確認しなければ。

 

 


 

 

 

 

 

ピストン修正は綺麗に仕上がりました。

 

 

 

機械構造の違いですがRGと比較するとかなり長いです。

 

 


 

 

 

ピストン修正までは良かったのですが、FBD3型機も日々進化して

 

いるためスクレーパ、パッキン類などにも変遷があり、適合品を

 

調達するのが一苦労です。

 

正しい部品への交換が必要です。

 

 

 


 

 

 

 

 

消耗品部品でドタバタしましたが、無事組み上がりました。

 

全圧、稼働確認、すべて良好。

 

 


 

 

 

シリンダーピストンの縦傷が入っている機体は統計的に

 

解体してみると作動油がかなり劣化していたり、ゴミが

 

混じっていたりしています。

 

油圧回路やシリンダー保護のためにもメーカー推奨期間での

 

定期的な作動油交換をお勧めします。

 

 

おかしいなと感じたら早めの修理を。